韓国エスコートアガシ紹介専門「KARA」

理想のアガシと韓国(ソウル・釜山・済州)で観光、夜遊び、グルメを楽しむ

市場

エスコートアガシとのデートでも使える釜山の市場をゆく ~チャガルチ市場編~

更新日:

韓国第2の都市・釜山(プサン)を代表する市場といえば、「チャガルチ市場」「国際市場」「富平(プピョン)カントン市場」の3つが挙げられます。どの市場も釜山の代表的な観光スポットで、海外からも多くの観光客が訪れています。
今回は、釜山一の水産市場であり、韓国でも最大規模を誇るチャガルチ市場を取り上げます。

エスコートアガシで指名した女の子とのデートでも使えるので参考にしてくださいね。

釜山のチャガルチ市場

チャガルチ市場の場所

チャガルチ市場は、「釜山タワー」や、かつて釜山国際映画祭のメイン会場だった「BIFF広場」など、観光スポットが集中している南浦洞(ナムポドン)エリアにあります。韓国の高速鉄道「KTX」の終着駅である釜山駅からも近い場所です。釜山は港町であるため、様々な海産物がチャガルチ市場に集まってきます。


最寄り駅: 釜山地下鉄1号線 南浦駅2番出口から徒歩5分

チャガルチ市場の基本情報

チャガルチ市場は、1970年に開設された伝統ある水産市場です。現在の建物は2006年に完成したもので、カモメをイメージした屋根が目を引きます。この建物は地上7階建てで、1階が海産物を販売している「水産物市場」、2階が「フェ(刺身)センター」という食堂街になっています。1階と2階は、店と店の境界線が分からないような状態です。3階から上には、展示室やビュッフェ式シーフードレストランなどの施設があって、7階には展望台も併設されています。

純粋にチャガルチ市場と呼ぶ場合は、この建物だけを指しますが、広義の意味では建物周辺の露店商も含めます。建物内の「場内市場」と、建物外の「場外市場」という構造なので、市場のイメージとしては旧築地市場に似ています。

営業時間:[2階]朝9時頃から夜の11時くらいまで(1階は早朝から営業)
休業日:毎月第1・3火曜日(5階のビュッフェは毎週月曜日)、旧正月・秋夕(中秋)

※場内市場が休業日でも場外市場は営業していますが、旧正月と秋夕は避けましょう。

場内市場の利用の仕方

利用の仕方には、2パターンあります。

① 1階で海産物を購入する場合
1階の水産市場では、観光客も自由に海産物を購入することができます。1階で購入した海産物を2階の食堂に持って行くと、その場でおいしく調理してくれます。1階で購入する時に、店によっては提携している2階の食堂を指定することもあるので、指定された場合はその場所に持って行きます。海産物を購入する際に、韓国語で「カッカジュセヨ(値引きしてください)」と言うと、値切りしてくれることもあるので、勇気を出して挑戦してみましょう。

2階の食堂に海産物を持ち込む場合には、調理費および薬味代が別途5000ウォンほどかかります。特に調理法を指定しなければ、店のお任せ調理となります。魚の場合だと「フェ(刺身)」や、魚を主材料に据えたピリ辛鍋「メウンタン」にしてくます。韓国の刺身は、酢やコチュジャンを混ぜ合わせた「チョジャン」という調味料につけたり、サンチュやエゴマの葉に包んだりして食べるのが特徴です。

② 2階の食堂に直行する場合
1階で海産物を購入せず、2階の食堂に直行して食事をすることもできます。選べる海産物の種類は限られてしまいますが、難しいやり取りを行わずに料理を味わえるので、韓国語に自信のない人にとっては、こちらのほうが安心でしょう。この場合、料理の値段以外に費用はかかりません。食事ができる場所は場内市場の2階だけでなく、場外市場にもたくさんあります。

チャガルチ市場に何か特別な目的がなくても、市場内の水槽を見て回るだけで、水族館に来た気分に浸れて楽しめます。運がよければ、珍しい魚も生きたまま見られるかもしれません。

お薦めの海産物

チャガルチ市場には、韓国ならではの海産物が数多くそろっています。その中で、場内市場と場外市場で購入できる海産物をいくつか挙げておきます。

釜山といえば、韓国では「コムジャンオ」と呼ばれるヌタウナギです。コムジャンオは釜山が産地であるため、釜山の名物料理の1つとなっています。その他には、高級食材の「チョンボク(アワビ)」や、強烈なアンモニア臭を放つ「ホンオ(ガンギエイ)」も釜山近海で捕れる海産物です。

また、「へサム(ナマコ)」「モンゲ(ホヤ)」「ケブル(ユムシ)」といったゲテモノの類も販売されています。特に韓国でケブルと呼ばれるユムシは、日本でほとんど食べられる地域がない非常に珍しいものです。ゲテモノが大丈夫な人、珍しいものが好きな人は、是非この機会に味わってみてはいかがでしょうか。

それから、日本でなかなか食べられないという意味では、なんとクジラの肉も販売されているのです。韓国では「コレコギ」と呼ばれていて、チャガルチ市場周辺にはコレコギを扱うマッチプ(おいしい店)もいくつか存在します。

釜山のチャガルチ市場まとめ

土産として買って帰るものを探すなら、干物や乾き物がお薦めです。場内市場と場外市場で様々な種類が販売されているので、きっと好みのものが見つかるはずです。

エスコートアガシの女の子について

エスコートアガシ
アガシの子は、ほとんどの子がOLや学生などをやっている一般人です。
素敵な恋人となり、大人のお付き合いはもちろん、観光や食事にもお供してくれます。

日本語が話せますから、日本語が通じないお店にも通訳としてお供してくれますし、韓国の情報も教えてくれるので、滞在中は楽しく過ごせます。

エスコートアガシ紹介専門の当サイトは、いつでも女の子を派遣しています。韓国が初めての方も、安全・快適に過ごせるようお手伝いしていきますのでお気軽にご連絡ください。

ご不明な点があればお気軽にお問合せください。

アガシ予約はこちら


-市場
-

Copyright© 韓国エスコートアガシ紹介専門「KARA」 , 2019 All Rights Reserved.