海鮮料理

韓国アガシとのデートでも使える済州島のマッチプ紹介 ~トゥルチギ編~

「マッチプ」とは、韓国語で「おいしい店」のことです。

済州島(チェジュド)の有名な特産物といえば、黒豚アワビです。どちらも済州島では外すことができないグルメですね。そこで今回紹介するのは、黒豚とアワビなどの海産物を同時に食べたい人にピッタリな「トゥルチギ」という料理です。

トゥルチギとは、豚肉、キムチ、豆もやし、ネギと大根の千切りなどを甘辛いヤンニョム(たれ)で炒めた料理です。トゥルチギはサンチュに包んでも食べます。シメとしては料理の残りにご飯を入れて、「ポックムパプ(炒めご飯)」にするのが定番です。

トゥルチギは元々、韓国南東部の慶尚道(キョンサンド)地方の郷土料理でしたが、今では韓国全土で食べられています。地域ごとに特色があって、豚肉を使った定番のトゥルチギの他に、サムギョプサル(豚の三枚肉)、アヒル肉、豆腐を使ったトゥルチギもあります。鍋に近いものもあれば、炒め物に近いものもあり、同じ料理でも見た目は様々です。

一般的なトゥルチギには海産物が入っていませんが、済州島が海産物の宝庫ということもあって、済州島ではアワビなどの海産物をふんだんに使ったトゥルチギを出す店が多いです。また、ほとんどの店で済州産の黒豚を使用しています。トゥルチギは店によってはテーブルにセッティングされた鍋や鉄板で自ら調理する必要がありますが、済州島の店では大抵、従業員が調理してくれます。

それでは、済州島ならではのトゥルチギが食べられる店を紹介します。日本語表記のない店もあるので、韓国語が分かる人と行くほうが安心でしょう。
※済州島の基本情報は、こちらを参考にしてください。

済州でおすすめのトゥルチギ店

済州名家(チェジュミョンガ)トゥルチギ

エリア:西帰浦(ソギポ)・済州国際空港付近
おすすめポイント:チョンボクトゥルチギの元祖店
一押しメニュー:チョンボク(アワビ)トゥルチギ

チョンボクトゥルチギの元祖店として知られるトゥルチギ専門店です。済州島南部の西帰浦エリアに本店があり、済州国際空港から近い場所にも店舗(済州店)があります。

この店の看板メニューである「チョンボクトゥルチギ」を注文する場合は、人数分の注文が必要となります。豚肉は済州産の黒豚を使用していて、アワビ以外にムール貝エビなどの海産物も乗っています。使用する海産物は季節ごとに変わるようです。アワビや黒豚は追加することができます。また、「チェジュミョンガハンサン」という4人分基準のセットメニューもあって、チョンボクトゥルチギに加えて、アワビ粥、アマダイの焼き物、プルコギなどが付いています。ポックムパプは別途注文となっています。


済州名家トゥルチギ[本店]への行き方は、空港リムジンバス(600番)が止まるバス停「ニュー慶南(キョンナム)ホテル」からだと徒歩20分です。店の近くには、複数の市内バスのバス停があります。

※空港に近い済州店の場所はこちら。

ヨンイ食堂(シクタン)

エリア:西帰浦
おすすめポイント:とにかく安くて、おかわりも可能
一押しメニュー:トゥルチギ

同じく西帰浦エリアにあるトゥルチギ専門店です。地元の庶民的な食堂ではありますが、衛生面にはとても配慮しています。

この店のメニューは「トゥルチギ」だけです。そのため、従業員に人数を伝えるだけで、別途注文する必要はありません。また、海産物が入っていないので、値段も7000ウォンと格安です。済州島の店では珍しく、トゥルチギの調理はセルフとなっています。でも難しいことはなく、セッティングされた鉄板の上で豚肉を炒めて、火が通ったらサンチュ以外の野菜を入れて再び炒めるだけです。あとでポックムパプにする場合は、肉や野菜を少し残しておくといいでしょう。豚肉以外のヤンニョム(たれ)、野菜、ご飯はおかわりすることができます。

第1・3・5水曜日が定休日です。


ヨンイ食堂への行き方は、先述したバス停「ニュー慶南ホテル」から徒歩15分です。空港からは遠いので、中文(チュンムン)や西帰浦に滞在した時に利用するといいでしょう。

ポリムル食堂

エリア:咸徳(ハムドク)
おすすめポイント:最高級の黒豚を使用
一押しメニュー:チョンボクヘムルフクテジ(アワビ海鮮黒豚)トゥルチギ

済州島北東部に位置する咸徳という場所にある済州黒豚専門店です。店があるのは海の目の前で、済州島でも有数の美しさを誇る咸徳海水浴場からも近いです。

この店の人気メニューは、1品で済州島のグルメを堪能できる「チョンボクヘムルフクテジトゥルチギ」です。最高級の黒豚に加えて、アワビホタテ、ワタリガニといった海産物がたっぷりと入っています。トゥルチギメニューは2人分から注文可能となっています。また、黒豚の焼肉メニュー(2人分から注文可能)や、「ポリムルハンサン」という4人分基準のセットメニューもあります。ポックムパプは別途注文が必要です。


ポリムル食堂までは、済州国際空港からタクシーで約40分です。また、空港からは急行バス(101番)も出ています。「咸徳換乗停留場(ハムドクファンスンチョンニュジャン)」というバス停で下車して徒歩10分です。

エスコートアガシの女の子について

エスコートアガシ
アガシの子は、ほとんどの子がOLや学生などをやっている一般人です。
素敵な恋人となり、大人のお付き合いはもちろん、観光や食事にもお供してくれます。

日本語が話せますから、日本語が通じないお店にも通訳としてお供してくれますし、韓国の情報も教えてくれるので、滞在中は楽しく過ごせます。

エスコートアガシ紹介専門の当サイトは、いつでも女の子を派遣しています。韓国が初めての方も、安全・快適に過ごせるようお手伝いしていきますのでお気軽にご連絡ください。

ご不明な点があればお気軽にお問合せください。

アガシ予約はこちら


-海鮮料理
-

Copyright© 韓国エスコートアガシ紹介専門「KARA」 , 2020 All Rights Reserved.