肉料理

韓国アガシとのデートでも使える済州島のマッチプ紹介 ~黒豚焼肉編~

「マッチプ」とは、韓国語で「おいしい店」のことです。

韓国料理の定番といえば、焼肉です。韓国のリゾートアイランド・済州島(チェジュド)では、島の名物である「黒豚」(韓国語で「フクテジ」)を使用した焼肉が有名です。

済州産の黒豚は、韓国の高級牛肉である「韓牛(ハヌ)」よりも高価だとされています。済州島の黒豚焼肉は、網の上に済州島伝統の「メルジョ」というイワシの塩辛だれを乗せて、食べる時に肉をメルジョにつけるのが特徴です。豚肉は分厚くて、まるでステーキのようです。済州産の焼酎(ソジュ)やマッコリと一緒に味わうといいでしょう。

済州島全域だと範囲が広いので、主要エリアに絞って人気店を紹介します。
※済州島の基本情報は、こちらを参考にしてください。

エスコートアガシで指名した女の子とのデートでも使えるので参考にしてくださいね^^

済州島でおすすめの黒豚焼肉一覧

黒豚家(フクトンガ) 済州本店

エリア:新済州(シンチェジュ)
おすすめポイント:済州島認定黒豚取扱1号店
一押しメニュー:フクテジセングイ(黒豚生焼き)

済州島で最も有名な黒豚焼肉専門店です。黒豚家は「韓国170軒のマッチプ」に選定されていて、日本のメディアでも紹介されたことがあります。済州本店を含め、全部で8つの直営店を持っていて、年間360万人以上が訪れています。

この店の特徴は、クヌギの炭を使った直火焼肉です。肉メニューには、新鮮な黒豚をそのまま焼く「セングイ」や、ヤンニョム(韓国たれ)につけて焼く「ヤンニョムグイ」などがあります。ランチメニューの定食は2人分から注文可能ですが、値段が安いのでお薦めです。

済州本店は、道路を挟んで本館と別館に分かれています。メニューには、日本語表記があります。


済州本店までは、済州国際空港からタクシーで約10分です。最寄りのバス停は正尊(チョンジョン)マウルで、空港リムジンバス(600番)や市内バスが複数止まります。

トンサドン

エリア:新済州・中文(チュンムン)
おすすめポイント:1人では食べきれないボリューム
一押しメニュー:フクトヤジクンコギ(黒豚塊肉)

庶民的なドラム缶スタイルの黒豚焼肉専門店です。「クンコギ」という塊肉と、済州島伝統のつけだれ「メルジョ」の組み合わせを流行させた店として知られています。済州島だけでなく、韓国全土にチェーン店があります。多くの芸能人たちからも愛されている人気店です。

トンサドンはクンコギだけを出す店のため、肉メニューは2種類(黒豚or一般豚)だけです。注文は400gから可能で(2人分は600g)、400g単位で肉を追加することができます。


新済州エリアには本館と別館がありますが、別館のほうが中心部に近く、先に紹介した黒豚家の済州本店からも歩いて行ける距離です。
中文店は、リゾートホテルが集中する「中文観光団地」からタクシーで約10分のところにあります。
※位置表示は別館です。

済州モントゥラク 済州本店

エリア:旧済州(クチェジュ)
おすすめポイント:自治体が認めた「100%済州豚認定1号店」
一押しメニュー :チェジュテジパンマリ(済州豚半匹)

旧済州エリアの「黒豚通り」にある黒豚焼肉専門店です。済州モントゥラクも、ソウルを中心にチェーン店があります。店内は広くて、落ち着いた雰囲気です。

この店ではセットメニューとして、黒豚を半匹使った「パンマリ(600g)」と、1匹使った「ハンマリ(1050g)」があります。2人で食べる場合は、パンマリで十分です。また、サムギョプサルよりも上質なオギョプサル(豚の五枚肉)や、弾力のあるモクサル(首肉)など、様々な部位を味わうことができます。

済州本店には、無料で飲めるコーヒーの機械が置いてあります。


済州本店までは、済州国際空港からタクシーで約10分です。周辺には、市内バスのバス停もあります。

エスコートアガシの女の子について

エスコートアガシ
アガシの子は、ほとんどの子がOLや学生などをやっている一般人です。
素敵な恋人となり、大人のお付き合いはもちろん、観光や食事にもお供してくれます。

日本語が話せますから、日本語が通じないお店にも通訳としてお供してくれますし、韓国の情報も教えてくれるので、滞在中は楽しく過ごせます。

エスコートアガシ紹介専門の当サイトは、いつでも女の子を派遣しています。韓国が初めての方も、安全・快適に過ごせるようお手伝いしていきますのでお気軽にご連絡ください。

ご不明な点があればお気軽にお問合せください。

アガシ予約はこちら


-肉料理

Copyright© 韓国エスコートアガシ紹介専門「KARA」 , 2020 All Rights Reserved.