韓国エスコートアガシ紹介専門「KARA」

理想のアガシと韓国(ソウル・釜山・済州)で観光、夜遊び、グルメを楽しむ

市場

韓国アガシとのデートでも使える観光スポット~南大門市場編~

更新日:

ソウルを代表する2大市場といえば、東大門(トンデムン)市場南大門(ナムデムン)市場です。今回は、南大門市場を取り上げます。

南大門市場はソウルで最も古い市場で、600年以上の歴史があるとされています。市場がある場所は明洞(ミョンドン)とソウル駅の中間あたりで、地下鉄4号線の会賢(フェヒョン)駅が最寄り駅です。

会賢駅の北側のエリアに、1万軒以上の店が密集しています。衣類・アクセサリー・キッチン用品・民俗工芸品・雑貨・韓国食品・農水産物など、1700種類にも及ぶ商品が販売されています。そのため、「南大門市場になければソウルのどこにもない」という言葉があるくらい、何でもそろう総合市場なのです。路地ごとに同じ業種が固まっているので、買い物しやすくなっています。街の雰囲気的には上野のアメ横に似ていて、活気に満ちた庶民的な市場です。

そんな南大門市場を、「韓国食品」「ファッション・雑貨」「グルメ」の3つに分けて見ていきましょう。

エスコートアガシで指名した女の子とのデートでも使える観光スポットなので参考にしてくださいね。

南大門市場について

韓国食品

キムチ・塩辛・韓国のり・高麗人参・松茸・コチュジャン・テンジャン(韓国味噌)・菓子・伝統茶など、定番の韓国食品を買うことができます。

その中でも、南大門市場で買うことをおすすめしたいのが高麗人参です。韓国産の高麗人参は滋養強壮効果が特に高いことで知られ、韓国土産としても需要があります。南大門市場の店の高麗人参は、他の場所で買うよりも20~30%ほど安い値段で購入できます。また、高麗人参を使ったエキスやカプセルなどの加工商品が豊富にあり、珍しい健康食品も手に入ります。

韓国の食品だけでなく、世界各国の輸入食品を扱っている店もあります。

ファッション・雑貨

南大門市場では、中高年向けの衣類や子供服を多く扱っています。特に子供服の販売に関しては、ファッションタウンとして知られる東大門市場をも上回り、韓国でナンバーワンの品ぞろえで、海外からも買い付けに来るほどです。常に低価格で販売していますが、セールも頻繁に開催しています。子供服問屋は閉店時間が16時と早いので、時間を考慮して行きましょう。子供服だけでなく、アクセサリーの販売も南大門市場が中心になっています。

韓国の伝統的な五方色(青・赤・黄・白・黒)を用いた小物から、帽子やメガネまで、ファッションアイテムを選ぶ楽しみがあります。旅行の記念に買いたい韓国らしい食器類や、螺鈿(らでん)模様の工芸品なども充実しています。

ブランドの偽物商品の販売や、強引な客引きには注意しましょう。

グルメ

南大門市場には「カルチ(太刀魚)横丁」「カルグクス横丁」という有名なグルメ通りがあります。

それぞれ細い路地に、10軒ほどの店が集まっています。カルチは韓国でよく食べられる魚で、カルチや大根を辛くして煮込んだ「カルチジョリム」の専門店が軒を連ねています。「カルグクス」は、うどんのような韓国の麺料理で、「巨済食堂」という昔ながらの店が一番人気です。

それから、市場といえば屋台フードは外せません。「トッポッキ」「スンデ(豚の腸詰め)」「オデン」「キムパプ(のり巻き)」「マンドゥ(韓国餃子)」など、定番のメニューが数多くあります。その中でも有名なのが、「南大門野菜(ヤチェ)ホットク」です。本来は甘いおやつのホットクですが、この店では野菜がたっぷりと入ったホットクも食べられます。1つ1000ウォンで売られています。

この他にも、南大門市場には昔から営業している老舗が多くあります。

南大門市場まとめ

何でもそろう南大門市場を歩き回るだけで、韓国の土産に関する悩みは解決するはずです。華やかな東大門市場とはまた違った韓国の巨大市場の雰囲気を感じてみてください。

ソウルの夜遊びについてはこちらも参考にどうぞ

エスコートアガシの女の子について

エスコートアガシ
アガシの子は、ほとんどの子がOLや学生などをやっている一般人です。
素敵な恋人となり、大人のお付き合いはもちろん、観光や食事にもお供してくれます。

日本語が話せますから、日本語が通じないお店にも通訳としてお供してくれますし、韓国の情報も教えてくれるので、滞在中は楽しく過ごせます。

エスコートアガシ紹介専門の当サイトは、いつでも女の子を派遣しています。韓国が初めての方も、安全・快適に過ごせるようお手伝いしていきますのでお気軽にご連絡ください。

ご不明な点があればお気軽にお問合せください。

アガシ予約はこちら


-市場
-

Copyright© 韓国エスコートアガシ紹介専門「KARA」 , 2019 All Rights Reserved.